それぞれの包茎手術

- それぞれの包茎手術

それぞれの包茎手術

包茎と一概に言ってもさまざまな種類があります。
仮性包茎といっても個人差があり、軽度のものであれば、それほど悩むことは少ないですが、真性包茎となると羞恥心を感じる原因となり、カントン包茎までいけば生活に支障をきたす可能性があります。
それぞれの抱えている包茎によって、処置も変わってきます。

一般的な手術

環状切開は一般的な包茎手術になっており、どのようなタイプの包茎であっても対処できる手段です。
いろんなクリニックが採用している手術方法になります。
また亀頭や包皮が癒着している状態であれば背面切開で行う手術もあります。
子供の包茎や重度の仮性包茎と真性包茎に使われる手法です。
あと取り扱っているクリニックが少ないですが、複合曲線作図法は綺麗に仕上げることができますが、ほかの手術比べると手間がかかるのが特徴になります。


メスや縫合を使わない手術も

メスや縫合を使わない手術もあります。
糸だけ使用し固定することで包皮が剥ける状態にして、癖をつける目的を持つナチュラルピーリング法もあります。
ただ仮性包茎にしか向いていないデメリットも。
あと医療用の接着剤で固定する根元固定方がありますが、これも真性やカントンには向いていない手術となり、環状切開等で改善することになります。

手術跡が目立たなくなる方法を

包茎専門クリニックの多くが採用している手術方法は、亀頭直下埋没法といって、亀頭を露わにし、余った皮を切開した後にカリの付近で縫合することで目立たなくする手法があります。
また根元切除法は男性器の根元から切除しますので、陰毛によって傷痕が目立ちにくくなります。
どちらにしても手術跡が目立ちにくくなることにデメリットはありませんので、そのような手法ができる腕の良い医師がいるクリニックを選んでください。
手術ができるならどこでもよいわけではないのが包茎手術です。
自分に適した方法で行うことが大切であり、また跡が目立たなくなる方法を最有力として選ぶようにしましょう。

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »

Copyright(C)2016包茎手術に保険は使えるのか?費用や気になる事教えます!All Rights Reserved.