勘違いされることも多い包茎手術

- 勘違いされることも多い包茎手術

勘違いされることも多い包茎手術

勘違いされることも多いのが包茎手術です。
手術方法はどんなものか?入院の必要や会社には出勤できるの?また男として自信がついて男性器を女性に見せることができるまでの日数など気になることもあるでしょう。
その多くが勘違いされていることも多いのが包茎手術です。
正しく理解するようにしましょう。

手術方法

意外にも30分で終わるのが普通の包茎手術です。
亀頭と包皮が癒着していたり、また特殊な男性器であり、性感帯である包皮小帯を丁寧に残す手術であれば、少しだけ時間が増えますが、そのくらいの時間で終わるとみておいて構いません。
手術代に乗って麻酔である注射を打たれ、なにか股間にされているなという感覚を感じて、あっという間に終わります。
その日に帰ることができ、3日でガーゼが取れ、クリニックに通う必要もないこともあります。
その際はクリニックから念入りにアフターケアについて説明があるので、その通りにしてください。
抗生物質などもらうこともありますので、指示通りに服用しましょう。
クリニックに行くのは抜糸の時くらいであり、溶ける糸であれば、その必要はありません。


剃毛はあるの?

ほとんどが剃毛はありません。
入院した時に女性の看護師から受けるような辱めを受けることもありませんので安心してください。
剃毛がないというのは、14日ほどで抜糸して完全体になったとしても、あそこがツルツルになっているわけではありませんので、一安心です。
ただ根元から切除して縫合する特殊な手術となる根部切除法では剃毛が必要になることがあります。
医師と相談して最適な手術方法を見つけてください。

14日で抜糸ができる意味

14日抜糸が取れたから、すぐに性行為ができるわけではありませんので、その点も勘違いしないようにしましょう。
切除して縫合したのであれば、約1か月間は禁欲生活になります。
慌てないように回復するまで待ちましょう。
意外に勘違いしていることが多く、手術ではなく手軽な処置のように感じる人も多いです。

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »

Copyright(C)2016包茎手術に保険は使えるのか?費用や気になる事教えます!All Rights Reserved.