包茎手術から性行為ができるまで何日掛かる?

- 包茎手術から性行為ができるまで何日掛かる?

包茎手術から性行為ができるまで何日掛かる?

やはり気になるものです。
包茎を治療するきっかけはそれぞれありますが、やはりコンプレックスの塊を解消した男性器を早く誰かに伝えたい気持ちが流行ることでしょう。
術後どのくらいの期間を待てば、性行為ができるのか?男性にとって大きなテーマになるはずです。
受けた包茎手術によって異なりますので、よく理解して手術方法を選ぶとよいでしょう。


一番早いのはメスと縫合なしの手術

接着材で男性器の根元を固定する根元固定法であれば、もっとも性行為までの時間が短くなります。
他の手術は切開をして縫合をしますので、回復するまでに時間がかかってしまいます。
根元固定法であれば接着剤をつけるだけですので、一番回復が早くスムーズに性行為まで運ぶはずです。

ただあくまでも固定しているだけであり、時間が経過すれば元通りになることが多いです。
デメリットもありますので、そこを踏まえて手術方法を検討しましょう。

切開手術は1か月と考えるのが妥当

包茎手術として知られる環状切開やその派生手術方法である亀頭直下埋没法であれば、切開と縫合をしますので、性行為まで1か月後ほどかかります。
回復は個人差がありますので、前後することがありますが、その期間が妥当とみてください。
ちなみにガーゼや包帯が取れるのは3日後です。
比較的術後は安定しますので、心配しないで良いでしょう。

性行為で考えないように

性行為のためだけに手術方法を選択するのは、少し間違っています。
これからも一緒に付き合っていく男性器になりますので、包茎を確実に改善できること、そして手術をしたことが発覚しないほどの出来栄えに期待するべきです。
ほかの人に披露して優越感を味わいたい気持ちもあり、特に女性に見てもらいたいかもしれませんが、確実なステップを踏むことをおすすめします。

性衝動とともに生活をしている男性にとってみれば、1か月は長い期間になります。
その期間までじっくり待つのも男としての器を図られているような気がします。

関連記事:

    None Found

  « 前の記事: を読む  

Copyright(C)2016包茎手術に保険は使えるのか?費用や気になる事教えます!All Rights Reserved.