心無い一言がコンプレックスになる包茎

- 心無い一言がコンプレックスになる包茎

心無い一言がコンプレックスになる包茎

包茎によって傷ついた人も多いでしょう。
日本人男性の7割ほどが包茎といわれているのに、何かと揶揄されやすいのが包茎です。
剥けている残りの3割から言われるのであれば納得できますが、同じ包茎男性からも、からかわれ忌み嫌われる包茎について考えてみましょう。


男性からの発言

同じ包茎であるのにからかわれる原因は、包茎の種類にあります。
真性包茎、仮性包茎、カントン包茎と違いがあり、またそこから軽度や重度といった違いも生じます。
仮性包茎であれば勃起したら剥けるのが一般的ですが、通常時は包皮が亀頭に掛かっているけれど、先端は顔を出している症状などもあります。

被っている状態によって、同じ包茎である男性からも心無い一言で傷つくことがあるのが包茎です。

包茎については、こちらも(http://mens.funa-biyou.com/phim02.php)ご覧ください。

女性からの威力は大きい

女性自身がもっていませんので、知識がなければ包茎のことをあまり知りません。
ただ以前付き合った男性がずる剥け状態であれば、包茎に対して嫌悪感を持つこともあるでしょう。
包茎のデメリットのひとつとして、不潔であることの印象が強く、それを知っている場合は、性行為をすることを避けられる直接的な原因になることがあります。

ただ物珍しさに包茎がかわいいという女性がいれば良いですが、なかなかそこまでうまくいかない現状があります。
女性から包茎を指摘される威力は凄まじく、今後のコンプレックスとして深く心の傷として残ることが考えられます。

解決策は包茎手術

心無い一言であってもそれは現実ですので、改善するためには対抗するしかありません。
その策こそ包茎手術です。
いろんな手術方法がありますが、比較的楽な手術になりますので、それほど構えないようにしましょう。
手術を受けることで、心無い一言を放たれることはなくなり、またコンプレックスを抱くきっかけもなくなります。

ただ以前包茎であったことがバレるのはあまりよろしくない事態です。
それを防ぐためにも専門のクリニックで手術を受けることをおすすめします。

関連記事:

    None Found

Copyright(C)2016包茎手術に保険は使えるのか?費用や気になる事教えます!All Rights Reserved.