包茎手術に保険は使えるのか?費用や気になる事教えます!

- コンプレックス解消に包茎手術

更新情報

コンプレックス解消に包茎手術

包茎はバカにされたりすることもありますが、日本人の7割がそうと言われていますので、特に問題にしないのであれば気にする必要がありません。
ただ包茎をコンプレックスと捉えているのであれば、それは解消するべきです。
包茎にまつわるあらゆるコンプレックスがありますので、それを確認しながら包茎手術の貢献を見てきましょう。

見た目に対するコンプレックス

同性からバカにされるのが包茎になりますが、その多くがその男性器を持っており、包茎が包茎を笑うことも多いのが日本であることを前提としておきましょう。
それでもやはり言われれば傷つくものです。
女性は男性器を持ちませんので、どれが包茎であるのかはよくわからないことが多いです。
しかし男性同士になり、それを見る機会があると、自身の男性器に自信を無くしてしまうことがあります。
包茎といってもいろんな症状があり、勃起したときは剥き出しになるけれど、自分で剥かないといけないこともあります。
また通常時包皮の割合が多いとしても、勃起した時は男性器が予想以上に大きくなることで立派にみえることもあります。
それぞれの男性器にそれぞれの包茎がありますので、自身のことがわからなくなり、コンプレックスになりがちです。
手術を受けることでそのコンプレックスを改善することができます。


性行為における弊害

女性は男性器のことを良く知りません。
ただ以前付き合っていた男性が非包茎であった場合、包茎の男性を嫌うことも考えられます。
包茎のイメージは汚いことですが、これは正しくて間違っています。
性行為の前に突発的な衝動以外は、互いにシャワーを浴びて性行為をするのが一般的であり、綺麗に保たれた性器を互いに差し出すはずです。
ただ綺麗にしていない人もいて、その時は臭いを発する原因になることもあります。
恥垢が主な原因となり、尿の残りや包皮によってジメジメとした環境により雑菌が繁殖して、きつい臭いになることも。
一部の女性にはそれが良いといったマニアックな人もいますが、多くはそれを嫌います。
包茎クリニックの包茎手術によって清潔感が保たれるでしょう。
また早漏を改善する期待を持つことができます。
手術を受けることで常に剥けた状態で過ごすことで、刺激に強くなり、射精時間が伸びることに期待できるでしょう。
女性の攻めに強くなる男性器を持つことができます。
また包皮にくるまっていると、短小や先細りの原因になることがありますので、包茎を改善すればその症状も改善する可能性があります。

自身を高めることに貢献

包茎のコンプレックスがあれば、それを取り除けば改善します。
そうすることで、男として価値が上がったように感じることもあります。
それが正しいのどうかは別として、自信を持つことは人間には大切です。
それが伴うことで、あらゆることに積極的になれるかもしれません。
コンプレックスというタガが外れることで、女性に対し積極的にアプローチできるようになった男性もいます。

デメリットは2点

手術をすることで後悔をすることと言えば、失敗した時です。
余った包皮を切除して縫合
することになりますので、執刀した医師が下手であれば明らかになんらかの細工をしたように見られます。
男性同士の入浴であればそこまで発覚されることは少ないですが、性行為の時はパートナーの攻めもあり直視される機会も増えることから、手術を受けたことがバレることもあります。
またお金の面は大きなデメリットになるでしょう。
保険を使うことができませんので、大きな出費になります。
改善することに対してのデメリットはこの2つになりますが、もちろん改善方法もありますので参考にしてください。

デメリットの改善法

下手な医師がいるクリニックに行かなければ手術の失敗を免れることができます。
その対策として、専門のクリニックに行くことをおすすめします。
いろんな男性器を扱っていますので、どんな症状であってもそれに合った執刀をしてくれます。
また費用に対しては、専門クリニックであれば、保険を使うことができないことを考慮して、いろんな料金プランを設定します。
それを利用することで、デメリットが欠点ではなくなるはずです。
「すべてはクリニック選びから始まる」。
包茎手術ではこのように言われています。
いろんな知識を詰め込むことも大切ですが、クリニック選びさえ間違わなければ、多くは失敗せずにコンプレックスを解消する生活を過ごせるはずです。
悩んでいるのであれば包茎とお別れをしてストレスがない生活を目指しましょう。

Copyright(C)2016包茎手術に保険は使えるのか?費用や気になる事教えます!All Rights Reserved.